ホーム三島市ミュージアム > 佐野美術館

日本刀を中心とした東洋古美術のコレクション 回遊式庭園のある美術館.

現在のおすすめ数 : 0

佐野美術館

(サノビジュツカン)

基本情報

写真

TEL 055-975-7278
クーポン特典 1

東洋の古美術を中心に、国宝の薙刀や重要文化財9件を含む約3000件ものコレクションを収蔵。青銅器・陶磁器・金銅仏・古鏡・古写経・日本画・能面・装身具などそれぞれ系統だてて集められています。
収蔵品の常設は設けておらず、年7~8本の展覧会を開催。また美術館には、回遊式庭園と木像建築からなる隆泉苑が隣接されおり、庭園には、心字池が中央に配され、四季折々の自然を楽しめます。

このお店・施設をおすすめする
おすすめレポート

≫おすすめレポート掲載ルール

愛しのほほえみ―佐野美術館の人形コレクション(佐野美術館)

愛しのほほえみ―佐野美術館の人形コレクション

【開催期間】令和4年2月19日(土)~令和4年4月3日(日)

佐野美術館の人形コレクションより、雛人形を中心に、御所人形、嵯峨人形など日本の古人形、女性たちの手遊びのお相手をつとめた抱き人形、西洋のアンティークドール、近代の創作人形など、優品を厳選して展示します。人形たちの豊かな表情は私たちの心に染み入り、おもわず微笑みを誘われます。

特に今回は、新収蔵となった「おぼこ雛」(稚児雛)を初めて展示します。この雛は、京都を代表する雛師のひとり、近江屋文助(おうみや ぶんすけ)(近文(きんぶん))こと初代櫻木宗甫(さくらぎ そうほ)と、名工十二世面庄(めんしょう)こと面屋庄次郎(めんや しょうじろう)の作で、子供らしいふっくらとした顔立ちの中にもどこか気品あふれる雅な雛です。豪奢な装束と幼い表情の対比も面白く、普段目にする雛人形とは趣の異なる姿を堪能できることでしょう。

人形たちの明るい微笑みに包まれて春の日を過ごしてはいかがでしょうか。



・「愛しのほほえみ」展は写真撮影できます
・撮影禁止マークのついた作品および、常設展示室の写真撮影はできません
・動画撮影はできません
・フラッシュ、三脚、自撮り棒の使用はご遠慮ください
・撮影する際は、他の来館者にご配慮ください

国宝 薙刀(なぎなた) 銘 備前国長船住人長光造 鎌倉時代
長光は鎌倉時代を代表する備前長船(現在の岡山県)の刀工。薙刀は鎌倉時代から室町時代にかけて、実戦で使われた消耗品であるため、保存状態がよいものは非常に珍しい。(常設展示無し)

重要美術品 蔵王権現立像 平安時代
吉野の金峯山で修行中に現れた姿と伝えられ、平安中期に修験道の礼拝の対象として盛んに作られた。憤怒の姿ですが素朴な雰囲気は地方的な作風を示す。

国の登録有形文化財 隆泉苑
湧水の流れを取り込んだ約二千坪の敷地には、自然の趣を活かした回遊式庭園と、吟味された材料で建築された日本家屋が配される。

詳細情報

各項目はお店・施設の情報および提供サービスを掲載しております。各サービスの利用料等、詳細につきましてはお店・施設にご確認ください。 [店舗の方へ]掲載内容のご変更はこちら

◎新型コロナウイルス対策のため、休業または営業時間の短縮、イベントの中止・変更等をお店や施設で実施している場合があります。お出かけの際は、お店や施設のホームページ等をご確認ください。

商号佐野美術館
住所静岡県三島市中田町1-43
営業時間10:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日木曜日(祝日は営業)、展示替期間中、年末年始
駐車場70台(無料)
クレジットカード利用不可
交通アクセス新幹線・在来線でJR三島駅南口より 
 ○徒歩15分
 ○公共交通機関(電車)伊豆箱根鉄道『三島田町駅』下車徒歩3分
(バス)沼津登山東海バス4番乗り場より、『佐野美術館』下車
東名高速道路沼津ICより
 ○車で国道1号線を伊豆箱根方面へ約20分(8km)『三島玉川』交差点を左折
ウェブサイト佐野美術館 公式ページ
備考 ※2019年3月更新
PR
プール
スケート
花火大会
キャラクターショー
近くに温泉あり
おむつ交換設備
搾乳室
ベビーカー貸出
車椅子貸出

近隣のお店・施設

沼津・湯河原温泉 万葉の湯

東名沼津インターぐるめ街道沿い、常に車が行き交う喧噪から逃れ

きせがわ自動車学校

普通免許の他、大型・普通自動二輪、中型車、準中型車、大特車、

楽寿園

JR三島駅のすぐ南、うっそうとした森に囲まれた自然豊かな公園

スタッフおすすめ

PR